ラーメン屋巡りに必要な物

休日には、よくラーメンを食べに行きました。美味しいラーメン屋さんは、団地の中や田んぼの近くにあることも多く、車がないと不便なものです。

私は以前からラーメンが好きで、美味しいラーメン屋さんがあると聞くと、車で遠いところまでわざわざ食べに行きました。数時間掛けて食べに行くこともあるし、時には、泊まりがけで行くこともざらでした。今思えば、ラーメン屋巡りは私の生きがいでもあったのです。ドライブには撥水窓ガラスコートをして万全の態勢で出かけます。全面撥水窓ガラスコートをしておけば、急な雨でも憂鬱になることはありません。通販でも撥水コーティングが自宅でできるセットを変えるそうです。DIYですね。最初、DIYの言葉がわかりませんでした。撥水DIYコーティングは力強い味方ですね。時間と場所を選ばないDIYで撥水コーティングができれば、仕事が忙しくても安心できます。

個人的には、こってりとした味噌ラーメンが好きなのですが、たまに、あっさりした醤油ラーメンや、時には、食べ応えのある五目焼きそばを目当てに出かける時もありました。それゆえ、その時の気分で行く場所もまちまちなので、どうしても、車が必要になるのです。
例えば、3㎞離れた場所にバスで食べに行くとすると、乗り継いで500円以上も掛かることもあるので、行く気も失せてしまいます。

最近、訳あって車を手放しましたが、ラーメン屋巡りができないことだけが悔やまれて仕方ありません。

田舎の必需品私が運転免許を取得したのは他の人より遅めの30歳でした。それまでは地方都市に住んでいて地下鉄やバスがあれば通勤にも日常的にも困らなかったので必要に駆られなかったんです。
田舎に住み始め、バスは一日に三本しかなくデリバリーピザも届かない、コンビニまで車で5分、歩くと片道30分という不便さで就職にも差し支えるので大急ぎで運転免許を取得しました。
田舎では車は一人一台が基本です。毎日の通勤、通学の送り迎え、通院、買い物全部が車移動です。仕事に行ってもお昼休みになればコンビニまで車でお昼を買いに行きます。
休みの日は友達と買い物に行ったり、ランチに行ったり、映画を観に行ったりとそれぞれの車で集まってから一台に乗り合わせて目的地までといった感じです。
どのお店も駐車場があるのが当たり前なので都心に住む人には新鮮かもしれないです。
私の場合は遠出のドライブが苦手なので片道一時間程度のショッピングセンターに買い物に行くのが気分転換になっています。