AUX端子入力のあるカーオーディオは何かと便利

中古車を購入する際に、オーディオがあまり良いものではなかったので、買い替えて装着することにしました。
新しいオーディオは、前面にひとつの端子穴があります。この穴に、イヤホンジャックの端子と同じ構造を持つケーブル(ただしどちらもオス型)を差し込むと、iPhoneやiPod、ウォークマンなどの音楽プレーヤーと接続できます。
ウォークマンなどとの接続方法として、最もポピュラーなのが、FMトランスミッターだと思うのですが、このケーブル端子と接続すると、音質が全然違います。余計な電波を拾ったりしないので、その分音が良くなります。
また、最初はウォークマンをよく接続いたのですが、タブレットなどを接続すると、大きな画面でインターネット動画を見ることも可能になります。また、端子穴があれば、ポータブルDVDプレーヤーの音もカーステレオから流すことができます。
このように、イヤホン端子と同じ構造を持つAUX端子入力のあるカーオーディオがあると、対応機器の音がカーステレオから良い音で流れてくるので、便利です。

テールランプのスモークフィルムでシックにドレスアップも可能です。カーラッピングは簡単に車をドレスアップができるのが嬉しいですね。