カーオーディオの自分史とそれぞれの感想について

カーオーディオといえば30年も昔はラジオにカセットが付いたものでした。その時代は各メーカーがカセットプレイヤーの音質を競い、夜間での使用を想定してボタンに照明をつけて見やすくしていたのを思い出します。当時はアルパインのカーオーディオが好きでした。ボタン配置やボタン内の照明が緑色で他とは違う印象を持っていました。
次の時代はCDやMDの登場で別スペースでチェンジャーを設置するというものでした。この頃になると車のメーカー純正のカーオーディオにオプションでCDチェンジャーやMDチェンジャーを付けるという海外のカーメーカーもありました。この時の車はルノーで純正はアルパイン製で運転席の下にCDチェンジャーを設置していました。連続で長時間に渡ってCDの入れ替え作業なしで音楽が聴けたということは長時間の高速道路での運転が楽しく且つ安全に運転に専念できるということは有難かった記憶があります。そして現在はメモリーのスロットの付いたカーオーディオです。CDチェンジャー並みに長い時間に音楽が聴けるという事はCDチェンジャーと同様ですが省スペースという利点を生み出しました。しかも、パソコンで好きな楽曲を自由自在に記録する事ができるという素晴らしい展開になっています。今現在もメーカー純正のカーオーディオですがカーナビと一体化していて、これも時代の推移かと思ってしまいます。果たして次世代はどうなるのでしょうか。

車のメッキモールが気が付けば腐食しています。白く白濁したメッキモールは意識すると気になって仕方なくなります。メッキモールの腐食を調べたら、カーフィルムを貼れることがわかりました。メッキモールフィルムは千葉県の専門店が口コミ評判がよかったみたいです。