自力でのカーオーディオ取り付けは配線で悪戦苦闘

これまで8年近く辛抱して利用し続けてきたカーオーディオがとうとうご臨終の時を迎え、スイッチを押しても全く反応が無くなってしまいました。
純正オプションとして装着されてきたカーオーディオですから、一瞬取り外しや交換についての詳細な方法が良く分からなかったものの、良くネットで調べてみると別売りのカーオーディオには車種別の取り付けキットとセットとなって販売されている事を知り、これなら自力でも交換可能かも知れない、と思い切って購入したのです。
古くなった機器の取り外し自体、思ったよりも難しいものでは無かったのですが、最も難解だったのはその裏に潜む配線のコネクトと取り回しでした。
コネクターの規格こそ合っておりホッとしたものの、配線自体の数が大変多い上に説明図もかなり曖昧で分かり辛く、そういった経験が全く無い事もあって、悪戦苦闘を強いられてしまったのです。
それでもゆっくり丁寧に繋げていき約1時間後には元通り、ダッシュボードに新しいカーオーディオを収める事が出来ました。
スピーカーを全く換えておらず音質的にはこんなものかな?といったところですが、とりあえずは車内に軽快な音楽が復活してくれ安堵したのでした。バイクコーティングを施工しても定期的にメンテナンスをしないと、コーティング性能は劣化します。バイクコーティングはメンテナンスもお世話になれる専門業者がおすすめです。